ホーム > 学科紹介 > 医療情報管理科

医療秘書・診療情報カレッジ

医療情報管理科

[2年制/男女]

DEPARTMENT OF MEDICAL INFORMATION MANAGEMENT

文部科学省 職業実践専門課程認定学科

目指す職業

  • 医療事務(保険請求事務)

    カルテをもとに医療費の一部を保険者に請求。医事コンピュータも使いこなします。

  • 病院受付スタッフ

    受付業務、診療相談、電話応対などを担当。患者さまに安心を与える心配りが大切です。

  • 診療情報管理士

    「カルテ」の診療情報をデータベース化し、管理・分析する医療情報のエキスパートです。

  • 診療情報管理士

    患者さまと医師・看護師とのパイプ役。入院事務業務のほか、患者さまのサポートも行います。

医療事務+コンピュータで病院事務のエキスパートを目指します

病院の事務職に必要とされる医療に関する知識とともに、コンピュータを使いこなす技術を身につけます。
診療情報管理士を目指すための基礎科目も、しっかり学ぶことができます。

特長

病院を運営するための知識をトータルに学ぶ

授業では医療事務をはじめ、医療保険や介護事務も学ぶので、医療機関の事務職全般に必要な知識・技術が身につきます。また、医療関係の法律や、病院管理学、医療情報学など「事務」の立場から病院を支えるための学びにも力を入れています。

授業を通じてコミュニケーション能力が高まる

医療事務系の仕事は、医師や看護師など医療現場のスタッフと密接にかかわります。スムーズに業務を進めるためには円滑なコミュニケーションが必要。コミュニケーション論やビジネスマナーの授業を通じて、挨拶やお辞儀の仕方、効果的な話し方などを実践的に学びます。

電子カルテのスキルに自信!

医療機関で導入が進む電子カルテの使い方を徹底的に学習します。現在の病院やクリニックはコンピュータに強い職員を求めており、就職にも有利。操作方法はもちろん、医療情報学やEUCなどを通じてIT化を推進できるスキルを得ていきます。

日本病院会認定「診療情報管理士」の資格取得が目指せる

医療情報管理科から医事総合研究科診療情報管理士コースに再進学することで、日本病院会認定「診療情報管理士」を取得することが可能です。

カリキュラム

POINT1 医療
情報学

医療を情報分野でサポート

カルテや看護記録、検査記録など病院に存在する情報の収集、管理、分析方法を学びます。患者さまが安心して治療を受けられるようにするために、また、病院が安全に運営されるために役立つ医療情報の提供が必要とされています。

POINT2 医事OA
実習

正確・迅速な操作を習得

医療事務演習などで学習した内容をより実践的な技術とするため、多くの病院やクリニックで導入されている医事コンピュータの操作・入力方法を身につけます。患者さまをお待たせしないこともサービスの一つです。

時間割(1年前期)例※科目名をタップ(クリック)すると、それぞれの科目の説明が表示されます。

1
2
3
4
5
6

① 9:40~10:25  ② 10:30~11:15 ③ 11:25~12:10 ④ 12:15~13:00 ⑤ 13:45~14:30 ⑥ 14:35~15:20
※昼休憩は13:00~13:45です

一般科目

ビジネスマナー/コミュニケーション論/簿記会計

専門科目

健康とは、疾病とは/からだの構造と機能/患者論と医の倫理/病院管理学/医療情報学/医療保険概論/医療事務演習/医事OA実習/医療関係法規/ライセンス取得講座/アプリケーション実習/電子カルテ実習/ホームページ作成/アクセス実習/エンドユーザーコンピュティング(EUC)/福祉概論/介護事務演習/課題研究

ここに注目!実習

Microsoft社の資格取得を目指すアプリケーション実習

病院には患者さまの様々なデータがあります。文書作成、資料作成のためのソフト(Word・Excel・PowerPoint)はもちろん、データベースソフト(Access)を使いこなすための実習を行います。

pagetop