ホーム > 学科紹介 > 診療情報管理士科

医療秘書・診療情報カレッジ

診療情報管理士科

[3年制/男女]

DEPARTMENT OF HEALTH INFORMATION MANAGEMENT

目指す職業

  • 医療秘書

    医師の事務的な仕事をサポート。診察室・受付・検査室など様々な部署で活躍します。

  • 医療事務(保険請求事務)

    カルテをもとに医療費の一部を保険者に請求。医事コンピュータも使いこなします。

  • 診療情報管理士

    「カルテ」の診療情報をデータベース化し、管理・分析する医療情報のエキスパートです。

  • 病院受付スタッフ

    受付業務、診療相談、電話応対などを担当。患者さまに安心を与える心配りが大切です。

  • 病棟クラーク

    患者さまと医師・看護師とのパイプ役。入院事務業務のほか、患者さまのサポートも行います。

  • 病院の総合事務職

    診療点数に関する業務だけでなく、病院運営に欠かせない経営管理の仕事も任されます。

  • 医師事務作業補助者

    医師が行う書類作成や電子カルテ入力などの事務的な仕事を代行し、医師の負担軽減に貢献します。

大手医療機関から求められている日本病院会「診療情報管理士」の資格取得を目指します

診療情報管理士とは、カルテなどの診療記録の内容をチェックし、そこに含まれる情報を活用することにより病院の経営管理に貢献する専門職です。
病院からは、医療事務、医療秘書のスキルだけではなく、診療情報管理士を求める声も多く寄せられています。

特長

在学中に、日本病院会「診療情報管理士」の資格を目指せる!

本校は日本病院会から受験指定校として認定されており、診療情報管理士科の3年間で認定試験の受験資格を得ることができます。3年次前期までに認定科目の履修がカリキュラムに組み込まれており、基礎から専門科目まで無理なく学ぶことができます。3年次後期には認定試験対策授業を豊富に組み込み、在学中の認定試験合格を目指します。

「医療事務・医療秘書」+「診療情報管理士」

1年次、2年次には診療報酬請求事務能力認定試験、医療秘書技能検定、医事コンピュータ技能検定、電子カルテ実技検定など医療事務・医療秘書に必要な資格も目指します。将来、診療情報管理士として働く上でこれらの知識・技術も活かされるものとなります。また、2年次での日本医師会「医療秘書」取得により、3年次の就職活動にも活かすことができます。

病院実習で学びの理解を深め、スキルアップにつながる!

カリキュラム

POINT1 診療情報管理論

患者さまのカルテに記録されている診療内容などの診療情報が持つ価値や意義、その情報を管理することの重要性を理解していくとともに、診療情報管理の手法・手段について、実務経験のある講師から具体的に学びます。もちろん認定試験に出題される内容ですが、就職して診療情報管理士として仕事をしていく上でも基礎となる内容です。

POINT2 国際統計分類

病院では、患者さまが安心して受診できるようにするため、そして病院が安全に経営していくために、様々な医療情報の収集、分析、管理を行っています。分かりやすく、様々な場面で活用できるデータを作るため、世界保健機関(WHO)が作成した国際疾病分類に従って疾病や手術などのコーディング技術を学びます。         

時間割(3年前期)例※科目名をタップ(クリック)すると、それぞれの科目の説明が表示されます。

1
2
3
4
5
6

① 9:40~10:25  ② 10:30~11:15 ③ 11:25~12:10 ④ 12:15~13:00 ⑤ 13:45~14:30 ⑥ 14:35~15:20
※昼休憩は13:00~13:45です

一般科目

ビジネスマナー/コミュニケーション論/簿記会計/アプリケーション実習

専門科目

医療保険概論/医療事務演習/医事コンピュータ実習/介護事務演習/医療関係法規/病院管理学/医療関連知識/医療概論/基礎医学/臨床医学/保険医療情報学/EUC/電子カルテ実習/データベース実習/医療経済学/医療心理学/DPC演習/医療統計学/診療情報管理論/国際疾病分類/診療情報管理士対策講座/ライセンス取得講座

ここに注目!実習

DPC演習

医療の現場は常に進化しています。これからは今までの医療事務だけではなく、新しいものを柔軟に取り入れ、より幅広い知識を身につけることが必要です。DPCによる医療費の支払い制度もその一つで、大規模病院を始め、数多くの病院で導入が進んでいます。授業では、DPCの意味や支払い制度を理解することから始め、医事システムと連動させたDPCレセプトの作成をコンピュータを使って学習します。

pagetop