ホーム > 学科紹介 > 医薬ビジネス科

医薬・販売・IT・観光カレッジ

医薬ビジネス科 [2年制/男女]

DEPARTMENT OF PHARMACY OFFICE WORKER

文部科学省 職業実践
専門課程認定学科

「登録販売者」「薬局事務」のプロとして業界で活躍できる人材を育成

2年間で医薬品の専門知識を学ぶほか、医薬業界に従事する社会人としてのマナーを身につけ、地域医療における薬局・薬店の役割、医薬品を通じた健康アドバイスなど、業界にかかわるためのコミュニケーション能力・実践力を身につけます。
登録販売者コースでは、「登録販売者」を在学中に取得することが可能です。薬局事務コースでは、医薬分業の急速な推進によって求められている「薬局事務」として現場で活躍できる力を養います。「ヘルスケアアドバイザー」「リテールマーケティング(販売士)」「コミュニケーション」などの資格取得もできるよう全力でバックアップ。理論と実践の両面から学び、業界で活躍できる「登録販売者」と「薬局事務」のプロを育てます。

コース

医薬ビジネス科登録販売者コース2年制男女 医薬品登録販売者+販売・経営管理

医薬ビジネス科薬局事務コース2年制男女 調剤薬局事務+販売・経営管理

目指す職業

  • ドラッグストア経営者
・スタッフ

  • 製薬会社営業スタッフ

  • 調剤薬局事務スタッフ

特長

学校と現場の両面で学べる!「報酬型インターンシップ」

本科では過去の就職実績からドラッグストアや、調剤薬局での実務実習先を紹介しています。もちろん、働いた時間に対しては時給が発生し、収入が得られるため、それを学費や生活費にあてることができます。授業と実務実習を通して医薬品に関する知識を深め、店舗での実務能力を磨くことで、即戦力としての活躍が可能に。本校の学生の明るさや仕事に対する取り組みは実習先からも高く評価され、実習先企業がそのまま就職先になる学生もいます。

東海地区主要ドラッグストア・調剤薬局で卒業生が活躍

本校の強みは、現場に直結した独自のカリキュラムと、長い実績で築いてきた医薬業界との厚い信頼関係と深い絆。現在も多くの卒業生がドラッグストアや調剤薬局で力を発揮して、高い評価につながっています。高齢社会となった今、ドラッグストアや調剤薬局の数は増加の一途をたどっています。さらに大手スーパー、家電量販店、ホームセンターやコンビニエンスストアなどでも一般用医薬品販売への参入が進み、卒業生の活躍の場はますます広がっています。もちろん、将来は独立開業の道も開かれています。

中部地区最初のJACDS認定校

本校は、全国の大手ドラッグストアが加盟し構成されるJACDS(日本チェーンドラッグストア協会)の認定校です。これによりJACDS認定アドバイザー(ヘルスケアアドバイザー/ビューティケアアドバイザー)の資格を在学中に取得することができ、多数の合格者を出しています。資格取得に際しては、業界の社員教育のようなプログラムで専門的な知識とスキルを身につけることができ、就職活動にも有利です。

JACDS認定アドバイザーとは?

【ヘルスケアアドバイザー】

病気や薬・栄養・食事・運動などの正しい知識を習得し、病気の予防や改善のアドバイスができる人材

【ビューティケアアドバイザー】

ビューティケアに関する正しい知識を習得し、人々に美しく快適な暮らしのアドバイスができる人材

「実体験型」の学び 「海外インターンシップ」

ビジネスのグローバル化が一層進む中、広い視野を持った人材が求められています。本科では1年次後半に海外インターンシップを実施。現地企業を訪問、見学・研修することにより、異文化理解、学んだ語学力を試す貴重な経験をして、グローバルな感性を磨きます。

「有名企業」を招いて校内での就職ガイダンス・採用試験を実施!

本科では就職活動の支援体制も充実しています。有名企業の人事担当者を招いて、本科生を対象にした「就職ガイダンス」「採用試験」を実施。またSPI試験や論文対策のほか、面接ロールプレイングやビジネスマナー指導など、1年次から就職に備えた授業を展開しています。

pagetop