ホーム > 学科紹介 > 医薬ビジネス科 > 薬局事務コース

医薬・販売・ITビジネスカレッジ

医薬ビジネス科 薬局事務コース

[2年制/男女]

PHARMACY OFFICE COURSE

文部科学省 職業実践
専門課程認定学科

目指す職業

  • 調剤薬局事務スタッフ

    院内薬局・調剤薬局において受付や医薬品の説明などを行う仕事です。

「医薬分業」の急速な推進によって求められる「薬局事務」のプロを育成します

医薬品に関する知識や薬機法(旧薬事法)、パソコンスキルなどを身につけます。
そして、何より薬剤師と患者さまをつなぐ大切な役割が求められ、コミュニケーション能力の向上を目指します。

特長

現場経験豊富なプロの講師陣

薬局での現場経験豊富なプロフェッショナルが、その知識とノウハウを惜しみなく伝授。いろいろな体験談を交えながら、学生一人ひとりの状況をしっかり把握し、授業を進めていきます。業界が求める即戦力と現場力を育てます。

実習室や自動分割分包機など機器設備の充実

本校は、薬局事務としてのレセプト作成や請求業務だけでなく、お薬のピッキング業務や医薬品の棚入れ、一包化された薬剤の数量チェックなど、調剤補助業務を学ぶ施設環境が充実しています。

ITスキルの高い薬局事務に!

本校にはITビジネス科があり、IT教育のノウハウが豊富。充実したIT環境で、ICT化が進む薬局事務に求められるスキルを身につけることができます。「調剤OA実習」を始めとするパソコン実習で、レベルの高いスタッフを目指します。

カリキュラム

POINT1 調剤報酬請求事務

就職をより有利に

「調剤報酬請求事務専門士」は数多くの医療系資格の中でも、医療機関、関係団体から信頼されている資格です。保険制度や薬剤、医薬品関連法規などについて学び、検定合格を目指します。

POINT2 薬局実習

薬局での実習を積極的に実施!

本校は中部地区で医薬系コースを設置した最初の専門学校です。過去の就職実績から実習先を紹介することも可能です。「学校」と実際の「現場」の両面で学ぶことによって、即戦力として必要な知識・技能を得られます。

時間割(1年後期)例※科目名をタップ(クリック)すると、それぞれの科目の説明が表示されます。

1
2
3
4
5
6

① 9:40~10:25  ② 10:30~11:15 ③ 11:25~12:10 ④ 12:15~13:00 ⑤ 13:45~14:30 ⑥ 14:35~15:20
※昼休憩は13:00~13:45です

一般科目

国際コミュニケーション/就職試験対策演習/アプリケーション実習/簿記会計/ビジネスマナー

専門科目

薬局実習/医療用医薬品学/薬局事務論/調剤報酬請求事務/医療保険概論/ヘルスケアアドバイザー演習/薬店接遇マナー/ 販売実務Ⅰ・Ⅱ/薬理学/くすりの副作用/薬事関連法規/漢方・生薬/POP広告制作/栄養学/調剤OA実習/卒業研究

ここに注目!実習

院内薬局や調剤薬局で活かす!
「調剤OA実習」

調剤報酬明細書(レセプト)の算定を正しく迅速に処理できる能力や医事コンピュータのスキルを身につけます。医薬品に関する専門知識をもち、適切なアドバイスができる能力を養います。

pagetop