ホーム > 学科紹介 > 医療IT科

医療秘書・診療情報カレッジ

医療IT科

[2年制/男女]

DEPARTMENT OF MEDICAL INFORMATION TECHNOLOGY
※2021年4月 医療情報管理科から科名変更

文部科学省 職業実践専門課程認定学科

目指す職業

  • 医療事務(保険請求事務)

    カルテをもとに医療費の一部を保険者に請求。医事コンピュータも使いこなします。

  • 病棟クラーク

    患者さまと医師・看護師とのパイプ役。入院事務業務のほか、患者さまのサポートも行います。

  • 医師事務作業補助者

    医師が行う書類作成や電子カルテ入力などの事務的な仕事を代行し、医師の負担軽減に貢献します。

  • 医療IT企業スタッフ

    電子カルテシステムの開発会社や、そのシステムを導入した医療機関に操作説明をするインストラクターの仕事などもあります。

医療+ITで医療業界の未来をサポート

病院をはじめとする医療業界では、目覚ましいスピードでIT化が進んでいます。
医療に関する知識とともに、コンピュータの利用技術、インターネット、セキュリティなどについて学び、医療業界でIT化を推進できる人材を目指します。

特長

医療業界のIT化を学ぶ

医療機関では遠隔医療やクラウドの利用が進みつつあり、コンピュータの利用技術やネットワークに関する知識を持ち合わせた人材が求められています。授業を通してコンピュータの利用技術はもちろんのこと、IT化を推進できるスキルを得ていきます。

医療機関の経営をサポート

授業では医療事務をはじめ、医療保険や介護事務など医療機関の事務系の仕事に必要な知識・技術を身につけるとともに、医療関係法規、病院管理学なども学び、医療機関の経営をサポートするための学びにも力を入れています。

コミュニケーション能力を高める

医師や看護師など医療現場のスタッフとスムーズに業務を進めるためには、円滑なコミュニケーションが必要です。コミュニケーション論やビジネスマナーの授業を通して医療業界でより良い人間関係を築くための基礎を実践的に学びます。

日本病院会「診療情報管理士」の資格取得を目指せる学科に編入可能

医療IT科1年次修了後、診療情報管理士科2年次に編入することで、日本病院会「診療情報管理士」を取得することが可能です。

病院実習で学びの理解を深め、スキルアップにつながる!

カリキュラム

POINT1 医療
情報学

医療を情報分野でサポート

カルテや看護記録、検査記録など病院に存在する情報の収集、管理、分析方法を学びます。患者さまが安心して治療を受けられるようにするために、また、病院が安全に運営されるために役立つ医療情報の提供が必要とされています。

POINT2 医事OA
実習

正確・迅速な操作を習得

医療事務演習などで学習した内容をより実践的な技術とするため、ほとんどの医療機関で導入されている医事コンピュータの操作・入力方法をマスターするとともに、そのインストラクションについても学びます。

時間割(2年前期)例※科目名をタップ(クリック)すると、それぞれの科目の説明が表示されます。

1
2
3
4
5
6

① 9:40~10:25  ② 10:30~11:15 ③ 11:25~12:10 ④ 12:15~13:00 ⑤ 13:45~14:30 ⑥ 14:35~15:20
※昼休憩は13:00~13:45です

一般科目

ビジネスマナー/コミュニケーション論/簿記会計/アプリケーション実習

専門科目

医療保険概論/医療事務演習/医事コンピュータ実習/介護事務演習/医療関係法規/病院管理学/医療関連知識/医療概論/基礎医学/医療情報学/EUC/電子カルテ実習/インターネット活用技術/データベース実習/ライセンス取得講座/課題研究

ここに注目!実習

Microsoft社の資格取得を目指すアプリケーション実習

病院には患者さまの様々なデータがあります。文書作成、資料作成のためのソフト(Word・Excel・PowerPoint)はもちろん、データベースソフト(Access)を使いこなすための実習を行います。

pagetop