ホーム > 学科紹介 > ITビジネス科 > オフィスビジネスコース

医薬・販売・ITビジネスカレッジ

ITビジネス科 オフィスビジネスコース

[2年制/男女]

OFFICE BUSINESS COURSES

文部科学省 職業実践
専門課程認定学科

目指す職業

  • 経理・事務スタッフ

    パソコンを使って資料や書類作成など、業務効率化のサポート的な役割を果たす仕事です。

  • パソコン
インストラクター

    パソコンスクールや企業などでパソコンの操作方法を教える仕事です。

  • 販売・営業スタッフ

    お客様に適切な商品の紹介、アドバイスを行う仕事です。

  • ヘルプデスク

    システムやソフトに関する幅広い知識を持ち、トラブル解決のサポートをします。

  • OAオペレータ

    パソコンを操作して、データ入力などの作業を行う仕事です。

オフィスワークを総合的に学んだ「事務のスペシャリスト」を育てます

事務職に必要な簿記、ビジネス文書、ビジネスマナーなどを学習し、パソコンを活用して様々な分野で活躍できる能力を身につけます。
事務職に人気の世界共通の称号「マイクロソフト オフィス スペシャリスト マスター」の合格を目指します。

特長

MOSマスターの取得が目指せる!

本コースではWordとExcelのExpert(上級試験)とPowerPoint、Accessを学び、「マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)マスター」の取得を目指します。事務職として必須とされるアプリケーションソフトの操作もワンランク上のスキルまで身に付けることができます。

事務職の就職を目指す

コンピュータの知識やビジネスマナーなど、オフィスワークに求められる基礎をしっかり学びます。様々な業界の事務職に対応するための知識が習得でき、企業に入ってから柔軟に対応できる力を養います。

ビジネス文書をマスターする

ビジネス文書には、一定の型や特有の言い回しがあり、それを繰り返し練習し会得することによって、ビジネスで使われる基本的な文書が書けるようになります。社会に出れば知っていて当然のビジネス文書を使いこなすことは、社会人としてのたしなみです。

カリキュラム

POINT1 ファイナンシャルプランナー

資産運用のアドバイザー

お客様の資産状況から、住居や教育、老後など将来の資金計画のアドバイスを行うことができるのがファイナンシャルプランナー。自分自身の将来にも役立つ能力を養います。

POINT2 オフィスアプリケーション実習応用

ソフトを使いこなす力を習得

1年次で身につけたWord、Excelの知識をより実社会で活かせるよう、複数のアプリケーションソフトを使いこなす能力を養います。相手に見やすく、理解しやすい文書を素早く作成する技術を身につけます。

時間割(2年前期)例※科目名をタップ(クリック)すると、それぞれの科目の説明が表示されます。

1
2
3
4
5
6

① 9:40~10:25  ② 10:30~11:15 ③ 11:25~12:10 ④ 12:15~13:00 ⑤ 13:45~14:30 ⑥ 14:35~15:20
※昼休憩は13:00~13:45です

一般科目

ヒューマンスキルアップ講座/ビジネスマナー/プレゼンテーション技法/プレゼンテーション実習/簿記会計/就職対策講座/

専門科目

情報リテラシーⅠ・Ⅱ/情報関連知識/ファイナンシャルプランナー/書写技能/ビジネス文書デザイン/EUC/ライセンス取得講座/オフィスアプリケーション実習Ⅰ・Ⅱ/データベース演習/オフィスアプリケーション実習応用/Webデザイン/卒業研究

ここに注目!実習

マイクロソフト オフィス スペシャリスト マスター を目指す!

Word、ExcelなどMicrosoft社の製品は各企業に浸透しているため、そのソフトを使いこなせる人は会社から重宝されます。日々の授業では、企業で働いている気持ちで課題に取り組み、正確かつ迅速にこなす事務処理能力を身につけます。

pagetop